×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

逆食改善プログラム 逆流性食道炎 口コミ 福辻鋭記TOP > 病院での検査って? > 内視鏡検査

内視鏡検査について

 
病院で逆流性食道炎かどうか診断するには「内視鏡検査」が行われます。

この「内視鏡検査」は粘膜の状態を見るために必要なものです。


電子スコープによりモニターでより正確に食道内を観察できるように
なりました。

そして診断後、お薬を処方されるといった手順です。


「胃カメラ」に比べ、診断や治療は進んだといえますが

「管をノドに通す」ということが嫌で嫌で仕方ないと
いう方がたくさんおられます。

それもそのはずです。

「オエっと」なった状態で少しの時間耐えないといけないですし

好き好んでやりたいという人はいないと思います。

しかし逆流性食道炎の症状をそのままにしておくと
悪化してしまう恐れがあります。

でも「内視鏡検査かぁ〜・・・」と気分が落ち込んでしまう
のもよくわかります。



なら、ちょっと待ってください。
あなたは逆食改善プログラムを使って治すこともできるのです。

病院に行かずとも自分で治すことのできるのが
逆食改善プログラムです。

こちらをご覧下さいね。

パソコン・スマホからは↓↓
【逆食改善プログラム】逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、慢性・急性胃炎
 

病院での検査って?記事一覧

内視鏡検査

病院で逆流性食道炎かどうか診断するには「内視鏡検査」が行われます。この「内視鏡検査」は粘膜の状態を見るために必要なものです。電子スコープによりモニターでより正確...